ライカR9にデジタルモジュールRをくっつけたカメラで撮影したデータを貼るだけの日記
      だったのですが2016年9月29日にライカSL(Typ601)を導入したので今後はこちらが増えると思います
      拡大画像は長辺方向2400pixel(SL以降は3600pixel)になっています
      検索欄にレンズ焦点距離を入れていただき日記内を検索すれば該当焦点距離の記事や画像が探せます
      RAWで撮影してLightroomにてJPEGへの変換を行っています
      

三脚界隈(雲台のこと)

かなり前に中古のerg SS 3wayを見つけて以来ほったらかしになってました

当時はR9+DMRを使っていてRRSにもLプレートがないからどうにも使いようがなくて

なんせ可動角度が狭くて縦位置にできないのでこれを解決するにはLプレートの追加しかないんです

時は流れて当方の主務機もSL601に代わりRRSからは完全フルサイズのLプレートが出てる

装着すると高さが1cmほど増えるので右手小指の置き場にもなる

てことは下駄(縦位置グリップ)無しで運用可能ではないか?

このプランで行けるならerg(現プロスパイン)の75シリーズを買う必要もなく安上がり

ということで一気にこの案件を片付けました

f:id:R9DMR:20190621184854j:plain

クランプはノブ式にしようと思ってKIRKに落ち着きました

メイクスはRRSにするかさんざん迷いましたけどノブ式はKIRKの評価がよかったので

ノブも雲台に干渉することもなく、スライド部も上面コルクに当たらずこれでいけそう

f:id:R9DMR:20190621190418j:plain

カメラの方はこんなふう

B&Hや本家webでもLコンポーネント単体が欠品していたのでどうせならとセットものを確保

前面表記は Really Right Stuff ではなくロゴと RRS の3文字になってました

カッティングシートで隠してるのは嫌とかじゃなくてただ真っ黒けにしておきたいだけゆえ

小指のかかりは充分で「ライカさんも最初からこの大きさで作ってくれたらいいのに」と思うくらい

f:id:R9DMR:20190621190721j:plain

手前にノブがくるけどファインダーを覗く邪魔にはなりませんです

f:id:R9DMR:20190621190822j:plain

クランプの大きさは3.18インチか2.6インチか迷いましたけどこの大きさでよかったかな

使い勝手は「なぜに早く買わなかったんだろう」に尽きますな

特に暗いところでは圧倒的に楽になるだろうなと思います

あとR280/f2.8とAVE90-280用にKIRKのKLP-360も確保しました

 

今回はRRSだけではなくKIRK製品もあわせて購入することになったのでB&Hで購入しました

6/14の発注で6/20に届いてた、どうやら太平洋航路でやってきたらしくめちゃ早い

先日発注したフードマンのLCDルーペはフランクフルト〜ユーラシア経由で強烈に時間かかったのにw

 

これで三脚界隈はほぼオシマイかな

あとはボールヘッドくらいだけど、これはそれこそレバークランプでフリクション調整付きのRRSでいいかも