ライカR9にデジタルモジュールRをくっつけたカメラで撮影したデータを貼るだけの日記
      だったのですが2016年9月29日にライカSL(Typ601)を導入したので今後はこちらが増えると思います
      拡大画像は長辺方向2400pixel(SL以降は3600pixel)になっています
      検索欄にレンズ焦点距離を入れていただき日記内を検索すれば該当焦点距離の記事や画像が探せます
      RAWで撮影してLightroomにてJPEGへの変換を行っています
      

うちにやってきた16-35mm

消費税改正前に超広角域を始末したいと考えていて真っ先に思いついたのはツァイスZM15mm

ほとんど購入する気でテストさせてもらったんですけどSLではf8.0でも周辺が落ち着かない

店員さんによるとニコンZ系でも同様の結果らしく、このレンズはデジタルでは難しいっぽい

シグマの14-24mmはズーム回転方向が逆なので最初からパス、松下のは増税前に間に合わない

そうなるとライカのトリエルマー16/19/21mmかSL16-35mmしかない

開放値にやや不満はあるけどこうなったらもう正攻法でいきましょ

(もちろん地図さんの48回、そして今回も中古です)

 

といふことでうちにも スーパーヴァリオエルマーSL f3.5-4.5/16-35mm ASPH. がやってきました

webを見てればおわかりでしょうけど一番安かったやつです

箱無しだけど書類とポーチとフード、それにメーカー保証が残ってましたのでこれでいいかなと

f:id:R9DMR:20190908012150j:plain

シリアルは修正したけど見えるね、まぁいいやw

もはや何万台とか関係無くなってきてる今のライカさん

このレンズもご多分にもれずでかいだのなんだのと言われてますがいつも使ってるのがスーパーエルマーR15mm

こいつも900g以上あるうえにR/L変換をくっつけると全長もかなり長くなるのでこの程度なら大差ない感じ

 

ちょっと試しに撮ってみた、とりあえず最初に16mmの開放はどんなものかと思って

f:id:R9DMR:20190906185242j:plain

今回はテスト撮影なのでトリム無しの長辺6000にしてます

長辺6000はこちら

SL(Typ601)

1/20 f3.5 RAW ISO1600  WB auto

スーパーヴァリオエルマー - SL f3.5-4.5/16-35mm(16mm相当)

 

f:id:R9DMR:20190906185511j:plain

長辺6000はこちら 

SL(Typ601)

1/13 f3.5 RAW ISO1600  WB auto

スーパーヴァリオエルマー - SL f3.5-4.5/16-35mm(16mm相当)

 

f:id:R9DMR:20190906185713j:plain

長辺6000はこちら

SL(Typ601)

1/15 f3.5 RAW ISO1600  WB auto

スーパーヴァリオエルマー - SL f3.5-4.5/16-35mm(16mm相当)

 

えーっと、これ16mmのf3.5です? なんかすごいですね

好きか嫌いかは別問題にして周辺の解像度は高いし歪みもごくわずか

今のレンズにとって絞りは深度を調整する機能であって写り方を変えるものではなくなってるのかも

 

気になっていた最短距離ですけど25cmといえばR15より遠くてR19より寄れる距離

体感的には案外寄れるといった印象でテーブル写真にも意外といけるかも

f:id:R9DMR:20190906190934j:plain

これはトリムしてあるので長辺3800になってます

SL(Typ601)

1/320 f4.5 RAW ISO1600  WB auto

スーパーヴァリオエルマー - SL f3.5-4.5/16-35mm(35mm相当)

マグネシウム素材を使っているせいかもしれないですけど見た目の印象よりも取り回しは楽だと思います

普段NやCの一桁ハイエンド機にf2.8級のレンズを組んでいた人にはなんの問題も無いでしょう

ズーミングしてもレンズ全長が変わらない構造なのもとても◎です

そして銀座ライカさんからは4月以来欠品になっていたバッテリーも届きました

(今発注しても年内に届くかどうか? なんせ船便ですし)

 

これでようやくSLの3本のズームが揃いました

f:id:R9DMR:20190908015622j:plain

これで松下のテレコンさえ使えていたらほとんど終わってたのに

まったくなんのためのアライアンスなのかと