ライカR9にデジタルモジュールRをくっつけたカメラで撮影したデータを貼るだけの日記
      だったのですが2016年9月29日にライカSL(Typ601)を導入したので今後はこちらが増えると思います
      拡大画像は長辺方向2400pixel(SL以降は3600pixel)になっています
      検索欄にレンズ焦点距離を入れていただき日記内を検索すれば該当焦点距離の記事や画像が探せます
      RAWで撮影してLightroomにてJPEGへの変換を行っています
      

設定変えます(−人−)

しばらく承認欲求が加速していたのではてなスターっていう項目をオンにしておりました

見に来てくれている方がいることがわかって深謝なのです(−人−)

ただ、無関係なアフィ垢が☆をばらまいていくのを止められないので表示をオフに戻しました

見に来てくれた方がばらまき☆をうっかり踏んでしまっては申し訳なく

 

これまで☆を付けてくれていたみなさまには見えなくなってしまいすみません

 

10まんえんの行方

こんにちは( ´ ▽ ` )

 

マイナンバーカードは作ってなかったし申請書も届いておりませんが10まんえんの行き先はほぼ決まったかも

というのもパナさんから20-60mmという何やらとても便利そうなレンズが出るらしく

f値を3.5-5.6と抑え気味にして一気に小型化を図った感じ

今までL/TLマウントの小型レンズというと本家のTLとシグマの45mmしかありませんでした

メモ用ならAPS-Cでもいいかなとは思うわけですが問題なのはその価格、中古でも高いのよさ

本家の16-35mm、24-90mm、90-280mm、さらにVM10mmを持ち出すと結構な重量

これをVM10mm、20-60mm、それにこちらもパナさんの70-200/f4.0に差し替えたらどれだけ楽だろう

普段持ちならこれでいいよ、なんかもう考えただけで逃げられそうにありませんw

20-60mmは新品として70-200mmは中古でもいいか、これなら合わせて30くらいかな?

TLズーム3本よりはるかに安く済みそうなのも良いところ

 

ロードマップを見ると望遠ズームの予定が残っているのでこちらもちょっと楽しみ

50-135mmあたりがウレシイけどそこらへんは無いか、もっとテレ側に振ったやつかも

こういう感じでそれぞれ他が出していないところを補完するのがアライアンスでしょう

なんだかようやくその利点を実感できたような気がしてます

 

MacBook Air 2020 その後

使い始めて2週間ちょっとくらい経ちましたので感想など

キーボードはバタフライ型より良いのかな?実はバタフライ型もさほど嫌いではなかったわけで

ただ、たまにAが連打されるトラブルが発生しているので今度はそういうのは勘弁してほしいです

MBP2017でもタッチバー機能はほとんど使っていなかったので物理キーで大丈夫、電池も減らないし

蓋を開けたらいきなり起動するのは便利だけどキーボードを掃除したいときに困る

やっぱり光沢パネルは好きになれない、アンチグレア貼りたいけどどれが合うのかわからない状態

1.2GHzクアッドコアi7/16GBメモリ/1TBSSD、大量を一気にやらない限りSLの静止画処理ならこれでいけるでしょう

スピーカーの音はMBP2017の方が良いと思うけどこれはこれで許容範囲

予想してたこととはいえUSB-Cが2つは若干不便、イヤホン穴は要らんから右はCを1つの方がうれしい

そしていちばん思ったのは案外重たい、実はかなり期待していたので少々失望

ジョブズ親爺が茶封筒から出してた初代Airの印象が残ってたんだろうナー

 

今回追加で購入したのはAnkerのカードリーダーのみ

f:id:R9DMR:20200430210728j:plain

今まではレキサーの付属品を使っていて今も機能的には何も問題はありません

ただAirはポートが左に2本しかないので場所がタイトだしリーダーの小型化も推進したいところもありました

f:id:R9DMR:20200430210845j:plain

こうやって外側ポートに天地逆にして差し込めば電源も取れるし電池駆動なら他のデバイスの取り付けも可能

もちろんUSB-Cなのでリーダーを画像とは天地逆にして手前にすれば電源を外側からも取れます

 

Wi-fiが旧世代っていう点は今のところ切実な問題には至っておりませんけど今後はどうなりますか

動画処理をやってる友人氏に聞いてみるとこのスペックでは厳しいとのことなので動画屋さんは迷わずProをドウゾ

モニタの色再現度はProよりやや劣るらしいですが実のところ全く気になってません

あ、そういえば撮影データ保存用に使っているWD製ポータブルSSDがいっぱいになってきてたんだっけ

2017年に1TBを買ったときは45000えんくらいしたような気がするけど今は20000えんしないのね

見た目もいいから今度もWDのMy Passportにする予定、30000えんしないなら2TBでもいいかも

 

今回のMacBook Air、何はともあれ可搬Apple機を探しているなら一度考えても損はないんじゃないかと

1999年頃に買ったPBーG3が3.5kgくらいだったことを思うと隔世の感ありです

 

と、こんな具合に撮影行装備を更新したわけですがこんなご時世でヽ(´ー`)ノ

6月に国内旅行の予定をしていたんですがどうしましょ状態

年内いっぱいは難しいかな、なんかここ数年恒例の10月末の奈良行きもあぶなっかしいかもね

パソコン更新

2018年末に導入したMBP

最近どうもキーボードのAと電池膨張が気になっていたところに新型Airの発表

タッチバーじゃないこととUSB-Cポートが少ない以外は性能向上してる

というかようやくAirがほんとに使えるようになった気がしたので更新しました

構成は Core i7、16GBメモリ、1TB SSD

発表直後に発注したけど届いたのは4月になってからでした

で、思ったのは案外軽くない(苦笑

困ったのはAtok2017とPSeが動かないこと

Atokはサブスクしかないので迷ったけど結局購入、PSeは無用なので更新ファイルは止めました

 

今回のMBPはヤレるのが早かったな

以前みたいに裏を開けて電池交換できれば問題ないんだけどね

今はサーヴィス窓口扱いだし、その窓口もいつやってるのかワカランし

そうこうしてるうちにヴィンテージ扱いになって公式交換できなくなってるかもしれない

なんとも不便な世の中というかそんなご時世で若干陰鬱

早く収まってくれんですかね

やれやれです

 

思いつき

先ほど例のジッツオパーツのwebを見ていて気がついたのが

 

ギア付きのGT2541G、保守パーツを組み合わせたら作れるんじゃないの?

 

といふわけで調べてみた

www.gitzospares.com

どうやら全部のパーツがあるらしい

ギア部本体、上カヴァー、三つ叉、センターポール界隈を買えばいいっぽい?

脚本体は手元にあるGT2541のものを移植すればいいわけで稀少なGT2541Gのできあがり

f:id:R9DMR:20200327204606j:plain

試しに計算してみたら60,000えんくらい(送料別)でギア付きセンターポール化できるよ

(D220.19とDB1484はD212.116のセットに含まれてるみたいだから個別に買わなくてもよさそう)

 

たぶんやらないですけどね

夜の桜

今年は強烈に早くて空いてる27日以降は雨予報

これは昼間には撮れそうにないので夜間撮影を実施

地下鉄入口とビルテナント案内看板の光が当たってるところにて

f:id:R9DMR:20200324185437j:plain

長辺4800はこちら

SL(Typ601)

1/500 f4.0 RAW ISO3200  WB auto

ヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/24-90mm

90mmいっぱいで絞り開放、強烈な風だったのでシャッターは1/500、そうなると感度も上がる罠

看板は蛍光管、高感度ノイズや偽色もあるのでLightRoomでそれなりに修正かけました

背景の光源は50m以上離れているオフィスビルの窓、距離のせいかうまくボケてくれてます

 

調べてみたら最近あまりこのレンズを使ってなかった模様、やっぱり便利

多少かさばるしズーミングで長さが変わってガタが起きやすい構造なのは困るけど仕方ない

 

 

シグマさんのこと

シグマさん、最近はよくなったと言われますが100ー300mm/f4.0の印象があまりにも悪かったのでまだそれを引きずってます

近年のArtシリーズはよいという話や45mmの開放はなかなか面白いというウワサも聞きます

とはいえやっぱり「ほんまかいな?」といふ疑念は晴れません

今のところLマウントレンズは純正ズーム3本で止まったまま、今後どうしましょ

ボディがtyp601ではAF性能は天井が見えてるんで松下さんの超望遠は考えもの

45mmは小さいMロッコール40mmがあるのでとりあえず後で良いというか急を要しない

となると松下さんの70ー200mm/f4.0かなと思いつつも

「・・・ま、だったらあとでいいや」

となって悶々としているこの頃です

 

誰か背中を押してくださいなw