ライカR9にデジタルモジュールRをくっつけたカメラで撮影したデータを貼るだけの日記
      だったのですが2016年9月29日にライカSL(Typ601)を導入したので今後はこちらが増えると思います
      拡大画像は長辺方向2400pixel(SL以降は3600pixel)にしてありました
      2021年1月から主務機をSL2-Sに更新、画像サイズもできうる限りのサイズにしてあります
      検索欄にレンズ焦点距離を入れていただき日記内を検索すれば該当焦点距離の記事や画像が探せます
      RAWで撮影してLightroomにてJPEGへの変換を行っています
      

11月1週目の現実逃避 その3 〜見学したもの〜

今年もやってまいりました正倉院展

個人的な目玉は白琉璃高坏

f:id:R9DMR:20211101124554j:plain

長辺2400はこちら

ここもiPhone12miniでしか撮ってない

今回で正倉院ガラス器のうち4つを観覧済に

残るは白瑠璃水瓶と紺琉璃坏の2つ・・・これらを観るまでは生きないと

 

 

10月末頃まで発掘作業が行われていた興福寺東金堂前

f:id:R9DMR:20211101155134j:plain

長辺6000はこちら

SL2-S

1/250 f6.3あたり RAW ISO1000 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

フェンスの上までカメラを持ち上げてのバンザイ撮影、水平儀だけが頼り

すでに埋め戻しに取りかかっていましたけどなんとか間に合った感

 

 

こちらは明日香村の飛鳥寺礎石遺構

f:id:R9DMR:20211103155557j:plain

長辺5900はこちら

SL2-S

1/50 f6.3あたり RAW ISO320 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

壁は来迎寺さんのものです

 

 

同じく明日香村の水落遺跡、漏刻跡です

f:id:R9DMR:20211103155151j:plain

長辺5100はこちら

SL2-S

1/400 f6.3あたり RAW ISO4000 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

柵を越えてるように見えますけどそんなことはやっておりませぬ、柵の中に立って目一杯手を伸ばして撮ってます

まともに保持できない状況だったので高速シャッターで撮影

すでに夕刻、薄曇りでかなり暗かったのでこのような感度になったのは仕方ないか

こういうときにバリアングルモニターだったら楽でしょうね

 

 

図らずも10mm祭りにw

11月1週目の現実逃避 その2 〜食べたり寝たり〜

ここからはiPhone12mini画像が多いので画質は「あ、こんなもんか」程度でお頼み申します(−人−)

 

今回も奈良ホテルさんに投宿

f:id:R9DMR:20211101171621j:plain

長辺2800はこちら

 

 

f:id:R9DMR:20211104104221j:plain

長辺5700はこちら

いずれもiPhone12miniにて

 

 

以前に泊まった古い浴槽がある部屋を確保してもらいました

f:id:R9DMR:20211101193258j:plain

長辺6000はこちら

SL2-S

3sec f6.3あたり RAW ISO100 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

 

 

クラシックホテルならこれがいいのです( ´ ▽ ` )

f:id:R9DMR:20211101191748j:plain

長辺4300はこちら

SL2-S

3sec f6.3あたり RAW ISO100 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

 

 

部屋呑み画像

f:id:R9DMR:20211101214200j:plain

長辺3000はこちら

iPhone12mini画像掛け合わせ

左は奈良醸造さんのジャーマンエール、右は拙宅から持参したタリスカー

奈良醸造さんのビールがそこらへんのコンビニ(今回は猿沢池近くのデイリーヤマザキ)で買えてありがたや

そしてスキットルにウヰスキーを入れて持ってきて大正解、部屋で過ごす時間が楽しくなってくれる

 

 

いつもお邪魔してる「とよのあかりすずの音」さんにて

「篠峯」秋色生原酒

f:id:R9DMR:20211101113751j:plain

長辺3600はこちら

こちらでは「篠峯」と「みむろ杉」をいただけるのでウマー

 

お昼はランチ各種あり

f:id:R9DMR:20211101114850j:plain

長辺2900はこちら

鶏天と鶏吸い この鶏吸いが絶品でして ( ´ ▽ ` )

いずれもiPhone12mini

バブアーのオイルコットンを着てたので脂っぽくなった手でレンズを触っていたせいか画像がもやもやしてます

 

 

ちょいとしたお祝いで奈良ホテル「三笠」にて夜糧秣

f:id:R9DMR:20211102194336j:plain

長辺2200はこちら

滅多にいただかない赤ワイン

 

 

f:id:R9DMR:20211102194731j:plain

長辺2400はこちら

チキンブイヨンのコンソメスープ

 

 

f:id:R9DMR:20211102195930j:plain

長辺2800はこちら

コース料理よりもこのビーフシチュー+パンの方がお得感あり

 

 

折角バーが開いてるなら・・・結局こうなる罠w

f:id:R9DMR:20211102204940j:plain

長辺3600はこちら

いずれもiPhone12mini

こちらではラガヴーリン

 

 

朝食にはポーチドエッグ

f:id:R9DMR:20211102085008j:plain

長辺2500はこちら

トマトソースとチーズ、秋野菜にソーセージ・・・かな?

ポーチドエッグなんてルフトハンザの機内食以来かも

 

 

今回は奈良に3泊、その後に京都に2泊でした

奈良から京都に転進する時に宇治の伊藤久右衛門さんに寄り道

f:id:R9DMR:20211104160654j:plain

長辺2800はこちら

抹茶そば、湯葉、かやくご飯、抹茶パフェ

おみやげにほうじ茶のティーバッグを仕入れて撤収

 

 

投宿は京都駅南口駅前の iBis styles 

窓の向こうの灯りは新幹線ホーム

f:id:R9DMR:20211104172117j:plain

長辺3900はこちら

テーブルは広く電源もとりやすい・・・結局、こういうところの方が落ち着いたりする人種らしい(苦笑

 

 

今回も第4世代スピードマスターを持っていきました

f:id:R9DMR:20211103003455j:plain

長辺3000はこちら

 

 

それにしてもテーブルはともかく屋内やマクロ域まで撮れてしまう iPhone12mini スゴイデスネ

11月1週目の現実逃避 その1 〜まがりなりにも作品っぽいもの〜

どうもです

今年も11月に現実逃避しておりました

今回はあまり撮っていないのでまとめてます

 

薬師寺東塔

f:id:R9DMR:20211102110633j:plain

長辺5800はこちら

SL2-S

1/1000 f8.0 RAW ISO100  WB auto

ヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/24-90mm(24mm)

 

唐招提寺さんは初めての訪問、金堂の列柱

f:id:R9DMR:20211102122522j:plain

長辺5700はこちら

SL2-S

1/250 f7.1 RAW ISO1000  WB auto

ヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/24-90mm(70mm)

感度上がっちゃってるなぁ、2-Sになってから気にしてるつもりなんだけど忘れがち

 

法隆寺西院伽藍回廊の連子窓

北西角なので11月でも1400を過ぎないと綺麗に光が入ってこない場所です

f:id:R9DMR:20211102143337j:plain

長辺5900はこちら

SL2-S

1/60 f6.3あたり RAW ISO800 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

 

この時間は西院伽藍全景も西側から撮れます

f:id:R9DMR:20211102150541j:plain

長辺4800はこちら

SL2-S

1/125 f8.0あたり RAW ISO200 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

トリム前提であまり上方にアオらないで建物の垂直を残すようにしてます

午後に西院伽藍にいることがあまりないのでこの角度からは見逃しておりました

 

天候良さそうなので景色ものを撮影

f:id:R9DMR:20211103114630j:plain

長辺4300はこちら

SL2-S

1/320 f5.0 RAW ISO800 WB auto
アポヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/90-280mm(90mm)

ここは龍王ヶ淵というところで室生口大野駅から北西に6km弱くらいのところにあります

公共交通機関がないので全区間舗装路ですけどちょっとした上り坂を80分ほど徒歩行軍

東山魁夷っぽいあがりにしたかったので緑を強めに補正かけてます

電磁柵っぽいのはどうにもなりません

 

水面が落ち着くと空と稜線がきれいに映ってくれます

f:id:R9DMR:20211103121427j:plain

長辺4800はこちら

SL2-S

1/160 f8.0あたり RAW ISO100 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

スミマセン、水面側を多少画像加工してます

木の方はそのままで実際の見た目はこんな感じ、ここは緑が炸裂してる5月か6月頃の方がきれいかもしれんですね

 

飛鳥寺さんの本堂

f:id:R9DMR:20211103152522j:plain

長辺6000はこちら

SL2-S

1/20 f5.0 RAW ISO2000  WB auto

スーパーヴァリオエルマー - SL f3.5-4.5/16-35mm(16mm)

大仏さん、阿弥陀さん、聖徳太子孝養像がいっぺんに見えるのはこの角度、今回初めて気がつきました(遅

こちら側からだと大仏さんも穏やかな表情に見えるそうです

ISO2000でもこれだけ写るんだから感度上昇はあまり気にしなくてもいいのかな

 

f:id:R9DMR:20211103161158j:plain

長辺5500はこちら

SL2-S

1/25 f5.6 RAW ISO6400 WB auto
フォクトレンダー ヘリアーハイパーワイド - VM f5.6/10mm ASPH.

バリアングルモニタではないカメラでのバンザイ撮影はなかなかうまくいきません

夕刻でかなり暗くて感度上昇も致し方なし

何はともあれ一度大量の水を持ち込んで凹部から溝に流してみたいデス

それにしてもこれを割った不届き者にはそれ相応の何かが降りかかったと思いたい

 

こちらは木津の浄瑠璃寺さん

f:id:R9DMR:20211104135651j:plain

長辺6000はこちら

SL2-S

1/20 f5.0 RAW ISO2000  WB auto

スーパーヴァリオエルマー - SL f3.5-4.5/16-35mm(16mm)

スミマセン、これもかなり画像補正かけてます

浄瑠璃寺さんの池には元気なサカナ(たぶん鯉)がいるのでなかなか水面が落ち着きませんです

対岸に他のお客さんが居ないタイミングと併せて待つのはなかなかたいへん

数体ずつ修理に出ている本堂の阿弥陀さんですが2年後にはまた九体全て揃うとのことでした

 

最後は三十三間堂

午後は正面側から空を入れると強烈な逆光になるので影になってるところから切り取り系撮影

f:id:R9DMR:20211105150208j:plain

長辺5900はこちら

SL2-S

1/160 f5.0 RAW ISO400  WB auto

ヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/24-90mm(30mm)

どうやっても石元泰博作品っぽくなってしまう罠・・・好きなんだから仕方がないのです

それにしても観音さんを1000体並べるという発想、横長の本堂にひな壇を作って実現させるというテンション
ここに来ていつも思うのは「発想が飛躍してるなー」と
なんだかわからないけどとにかくすごいっていう感じ・・・中尊さまは穏やかな顔されてるんだけど
 
糧秣などはまた後日に
それにしてもこのうろちょろ中にSL2-Sが壊れなくてほんとに救われた感

 

今度はSL2-S本体がスト突入

どうもです

 

先日、90-280mmがストに突入して新規個体になって還ってきたわけですが・・・

えーっと、今度はSL2-S本体がストに突入しましたよ、なんなんのよさ

それも撮影主体の出先で16-35mmと24-90mmを使って20枚ほど撮ったところで毎度おなじみの

 「レンズ接続エラー」

また出たよ、やだもー(ノ∀`)

10mmでの撮影は可能で電気接点のないマウントなら撮れるという状態になっちまいまして

幸いなことにMズミクロン50mmをお持ちの方がいてお借りできてまったく深謝であります

それにしてもSL2系になってからこの手の故障が多くないですかね?

 

実は11月の1週目に毎度毎度の奈良うろちょろを実施していたのでその時じゃなくてよかったデスワー

 

修理のその後、奈良うろちょろの詳細はどちらも後日に

 

可搬再生環境

こんにちは

 

WALKMAN以来、可搬再生環境はカセット、CD、DATと主にSONYを使っていました

(MDは74分しかなかったのでパス、ポータブルCDpはフィリップスに流れました)

iPodに移行したのはギャップレス再生が可能になった時点でここから圧縮音源も導入

その後、追加ポタアンは iQube V1〜PICOLLO〜Pico slim など数機種経て今のメインはChordのMojoとPolyです

f:id:R9DMR:20210906232816j:plain

ハイレート音源対応の冗長性に期待してこの機種を選んだにもかかわらず未だにiPhoneの中の圧縮音源を聴く毎日

従って再生レートを示す電源ボタンの色も電源投入時以外は赤以外が点灯する事はありません(ノ∀`)

f:id:R9DMR:20210906234346j:plain

イヤホンはE5c〜E500〜UE10pro〜UM3Xを経てカスタムのJH13pro(紛失)〜ES60(故障)〜JH11pro(現役)

かつて各メーカーのハイエンドは15程度だったカスタムイヤホン、今や30とかが当たり前でちょっと無理

ワタクシのJH11proは2pinコネクタの頃のやつでカスタムイヤホン界隈が平和な時代の残り物ですw

 

Polyにハイレート音源を詰め込んで再生する日が来たら報告します( ´ ▽ ` )

 

画像はどちらも SL2-S / ヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/24-90mm

生きてるうちに見られるのはこれが最後だろうと思うので 〜東京五輪

お台場・夢の橋の聖火台を見てきましたよ

 

開会直後は閑古鳥とか揶揄されていたこの場所もここに来て人気スポットになったようです

f:id:R9DMR:20210807191618j:plain

長辺5700はこちら

SL2-S

1/50 f4.0 RAW ISO3200 WB auto
アポヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/90-280mm(280mm)

 

近くには来年夏に営業が終わる観覧車

f:id:R9DMR:20210807191022j:plain

長辺5900はこちら

SL2-S

1/50 f3.5 RAW ISO1600 WB auto
アポヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/90-280mm(177mm)

観覧車の色が緑、青、黄(橙)、赤、黒の五輪色になるのを待ったけど・・・よくわからんですね

もうちょっと早い時間に来ればよかったわけで(ノ∀`)

 

なんだか割を食って気の毒だったマスコットのミライトワソメイティ

f:id:R9DMR:20210807194415j:plain

長辺5500はこちら

SL2-S

1/30 f3.5 RAW ISO1250  WB auto

ヴァリオエルマリート - SL f2.8-4.0/24-90mm(34mm)

こちらも大会終盤に来て人気急上昇とか

そういえば長野のスノーレッツも登場時はさざ波だったのに終盤で大波になったような覚え

聖火台もそうですけど、このあたりはなんだかいかにも日本らしいなってw

 

最終日前日に聖火台に行ってるワタクシもそうなんですけどね

 

 オートWBのこと

やっぱり青い方に偏り気味、事後処理で色温度補正かけてます

これ、ほんとにどうにかならないかな

 

ズミクロン-C 1:2/40mm の画像

M型の35mmはどれも高くて買えないので40mmを捜索、先日うちにやってきました

20-60mmと24-90mmが便利なのでMF単焦点はその気にならないと使用頻度は低くなりがち

今回は無理してかばんから引っぱり出して使った画像です

 

最初は5月の明日香村

f:id:R9DMR:20210525114337j:plain

長辺5800はこちら

SL2-S

1/4000 f2.0 RAW ISO125 WB auto
ズミクロン - C f2.0 / 40mm

蘇我入鹿首塚(−人−)

 

こちらは奈良市内の元興寺

f:id:R9DMR:20210526113544j:plain

長辺5500はこちら

SL2-S

1/160 f2.0 RAW ISO125 WB auto
ズミクロン - C f2.0 / 40mm

すこし前玉に光が入ってるので遠景が白っぽいかも、当然ですけど逆光にはそれなりに対処が必要

 

こちらは7月の京都の河合神社

f:id:R9DMR:20210712104806j:plain

長辺6000はこちら

SL2-S

1/100 f2.0 RAW ISO125 WB auto
ズミクロン - C f2.0 / 40mm

ここまではお約束の開放馬鹿、おそらく予想通りの画像になってるかと

細かい線状のものは少しボケ方が暴れることがあるかも、3枚目みたいな状況だと良さが出る感じ

 

続いてこちらも河合神社、開放馬鹿はピント合わせに疲れるのでおしまい

f:id:R9DMR:20210712104448j:plain

長辺6000はこちら

SL2-S

1/100 f5.6 RAW ISO200 WB auto
ズミクロン - C f2.0 / 40mm

 

河合神社から下鴨神社へ、いくつかのお社が並ぶ流鏑馬が行われる馬場

f:id:R9DMR:20210712110712j:plain

長辺6000はこちら

SL2-S

1/40 f4.5 RAW ISO320 WB auto
ズミクロン - C f2.0 / 40mm

 

何度も出町柳には訪れてるのに下鴨神社は初めて(−人−)

f:id:R9DMR:20210712112635j:plain

長辺5200はこちら

SL2-S

1/160 f4.5 RAW ISO125 WB auto
ズミクロン - C f2.0 / 40mm

 

御手洗池

f:id:R9DMR:20210712112946j:plain

長辺5700はこちら

SL2-S

1/160 f5.6 RAW ISO200 WB auto
ズミクロン - C f2.0 / 40mm

 

京阪七条から三十三間堂に向かう途中の路地

ふーん、鍼に灸に光線か・・・え?光線ってどんな施術なんだろう???

f:id:R9DMR:20210712123025j:plain

長辺4500はこちら

SL2-S

1/60 f5.6 RAW ISO250 WB auto
ズミクロン - C f2.0 / 40mm

実は40mmでは少し足りなくてトリムかけてます

とにかくこの時は40mmしか使わない強固な決意でしたので20-60mmと70-300mmには寝ていてもらいました

開放では予想通り、4.5や5.6まで絞れば周辺にやや甘さが残りつつも破綻のない画像・・・とまぁ当たり前な結果でした

このC40mm、純正ゴムフードでも絞りリングが少し奥まったカタチになるのが不便

f:id:R9DMR:20210718121303j:plain

絞りリングの直径がもう少し大きければ(ローレットが高ければ)もっと使いやすくなるのにと思うとチト惜しい

なんかもうフードは取っ払ってパンケーキレンズっぽく使った方がいいのかも知れないと思えてきた

12524あるんだけどw

 

後でどれだけトリムできるか考えながら撮影位置を決めなきゃならないので単焦点はなかなか難しい

とりあえず長辺4000は残したいところで、今は例の強化があるけど多用するのはちょっと(苦笑

なにより開放馬鹿のときは周辺まで残したいのであまりトリムかけたくないですし

2-Sの自動感度設定は高感度に振れがちなので今回もあまり上がらないようにシャッター速度を決めていました

神経質なオートWBも自然光の屋外だとあまり気にしなくてもいいんじゃないかと思いつつあります

人工光源や極度に一定の色に振り切れた時以外はオートに任せても大丈夫かな